スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮本茂

宮本 茂(みやもと しげる、1952年11月16日 - )は、日本の男性ゲームクリエイター、任天堂代表取締役、情報開発本部長。左利き。現在は情報開発本部長として、同社のコンピュータゲームソフト開発の中心的存在。愛称に「ミヤホン」「ミヤポン」。来歴京都府船井郡園部町(現在の南丹市園部町)出身。幼少時代は絵を描いたり、家の周りの自然を探検することが好きだった。その時代の洞窟や湖などにおける自然体験は、その後の宮本のゲーム制作に大きな影響を与えた。その事から宮本はクリエイターを志す若者に「ゲーム以外の経験がゲーム作りに役に立つ」と言葉を送っている。小学生の頃は人形劇団に入ることに憧れていた。中学生の頃、漫画家を目指し、学校で友達と一緒にマンガクラブを作り、漫画の懸賞応募にも応募し始める。高校生時代には、投稿作品が雑誌(小説ジュニアなど)に掲載されたこともあった。しかし、高校に入学してすぐに漫画家への道を諦め、大学の工学部を目指す。しばらくして再び漫画を描いていて、絵を描く方が楽しいと思い、工業デザインを志望することになった。1977年に金沢美術工芸大学を卒業。専攻は工業デザインだった。同年、小さい頃から玩具に興味を持っていたため、当時トランプを柱とし色々とやっていた玩具会社の任天堂に興味を持つ。デザイナー枠で任天堂は募集していなかったが、宮本の父は当時の任天堂社長山内溥と友人だったこともあり、面接の場を得て工業デザイナーとして入社する。しかし、入社したは良いが工業デザイナーとしての仕事が全く回ってこず、ポスターを描いたりゲームセンターの飾りつけを行ったりしていた。ゲーム筐体のデザインも担当しており、任天堂(レジャーシステム)がスペースインベーダーのコピーゲームである『スペースフィーバー』を作った際、ゲームデザイナーの上村雅之(後にファミコンを作る)が絵を描けなかったため、キャラデザインを担当した。宮本が何らかの形でゲームデザインに関わった、確認される最古のゲームである。入社3年目の1980年、転機が訪れる。当時開発部長で、ゲーム&ウオッチのハードウェア・ソフトウェア開発に追われていた横井軍平[1]が、「一緒に『ポパイ』を題材にしたゲームを作ろう」と、宮本茂を『ポパイ』の制作に誘う。その開発中に、任天堂のアメリカ法人、Nintendo of America, Inc.(NO

国交省、官製談合で元職員にも損害賠償請求(読売新聞)
行政刷新「まず内閣府から」=枝野担当相(時事通信)
<警部自殺>「パワハラが原因」遺族が提訴 横浜地裁(毎日新聞)
寺に来客、住職が出たら男が刃物 運営費70万円強奪 東京・高輪(産経新聞)
<映画製作配給会社>シネカノンが民事再生法の適用申請(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くりたこうぞうさん

Author:くりたこうぞうさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。