スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒゲでマイナス考課は人権侵害、郵政職員が勝訴(読売新聞)

 日本郵政グループの「郵便事業会社」灘支店(神戸市灘区)職員の芝英機さん(58)が、ひげを理由に人事評価をマイナスにし、給与を減らされたのは人権侵害として、同社に約157万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、神戸地裁であった。

 矢尾和子裁判長は「身だしなみ基準に違反しているとは言えない」とし、同社に約37万円の賠償を命じた。

 訴状では、芝さんは別の部署に勤務していた1985年頃から口やあごにひげを生やし、2005年に旧灘郵便局(現・同支店)へ異動の際、上司にそるよう指示されたが従わず、窓口業務を外された。このため05、06年度は人事評価を70点以下(200点満点)にされ、07年11月~08年12月分の給与は月5400円の職能調整額をカットされたとしている。

 これまで芝さんは「ひげは個人の自由。顧客に不快感を与えておらず就業規則にも禁止は明記されていない」と主張。同社は「支店の『身だしなみ基準』でひげや長髪は不可にしており、人事評価は正当」と反論していた。

 芝さんは判決後に記者会見し、「今もひげを理由に仕事を制限されている同僚がいるので、勇気を与えられた」と喜んだ。同社近畿支社は「判決理由などを検討し、適切に対処したい」とコメントした。

「誰もけじめをつけてない」前原国交相(レスポンス)
<中国毒ギョーザ>天洋食品元従業員を逮捕 待遇に不満か(毎日新聞)
<成田空港>年間発着枠22万回に拡大(毎日新聞)
外相とルース米大使が会談(時事通信)
日医会長選に4人が立候補(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

不適切昇給「わたり」福島・千葉県も…総務省(読売新聞)

 総務省は26日、実際の役職よりも高い給料を支払う「わたり」が、福島、千葉両県で新たに確認されたとする再調査結果を発表した。

 両県では、国で3、4級に相当する主査が、5級に格付けされるなど計1601人の「わたり」があった。両県は来年度から是正する。

 同省は昨年12月、全国219の自治体で「わたり」が行われていたとする調査結果を公表。都道府県は大阪府のみだったことから、原口総務相が都道府県と政令市を対象に再調査を指示していた。

<非核三原則>鳩山首相に長崎市長らが法制化を要請(毎日新聞)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(2)続く葛藤 癒えぬ痛み(産経新聞)
英社ワクチンの3割解約=新型インフル、257億円分-厚労省(時事通信)
マンション侵入、現金強奪 強盗致傷容疑で男逮捕(産経新聞)
雑記帳 議会委員会室を児童らに開放 千葉・鎌ケ谷(毎日新聞)

首相の普天間有事使用発言「理解に苦しむ」 自民・石破氏(産経新聞)

 自民党の石破茂政調会長は24日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相が23日の参院予算委員会などで、有事の同飛行場使用の可能性を否定しなかったことについて「今までの話と全然、違う。理解に苦しむ」と批判した。

 また「有事の機能も代替する分散案として(同県名護市)辺野古沖への移設があった。『(普天間の現状が)今のままでいい』と言ったと推測されてもやむを得ない」と指摘した。

【関連記事】
普天間移設先を関係閣僚が協議 返還後も飛行場機能は温存へ
普天間移設問題で首相は「県外あきらめない」 福島氏は「県内」容認示唆
「現在の計画が最善」 普天間問題などで米国防次官補代理が証言
いかに県外に出すか…混迷続く普天間移設 関係者は疑心暗鬼
産経FNN世論調査 鳩山内閣支持率急落、初の30%
医療最前線 ドラッグ・ラグの行方

<東京コレクション・ウィーク>秋冬物新作続々 26日まで(毎日新聞)
<JAL>一便一便新しい気持ち…63歳機長、ラスト飛行へ(毎日新聞)
屋根修理の男性、転落し骨折…強風で17人負傷(読売新聞)
漫画の性描写規制、継続審査へ=都議会(時事通信)
高検検事が盗撮容疑 名古屋、書類送検(産経新聞)

広末涼子さんが追突事故=乗用車に、けがなし-東京(時事通信)

 女優の広末涼子さん(29)が東京都世田谷区で乗用車を運転中、追突事故を起こしていたことが19日、警視庁北沢署への取材で分かった。前方不注意が原因とみられ、けが人はないという。
 同署によると、広末さんは同日午前8時25分ごろ、世田谷区大原の都道で乗用車を運転中、交差点手前で右折レーンに車線変更しようとしたところ、信号待ちをしていた男性会社員(40)が運転する乗用車の右後部に追突した。 

<盗撮>名古屋高検の検事が辞職願 罰金命令受け(毎日新聞)
政権への打撃回避に努力=小林議員問題で-農水相(時事通信)
<みんなの党>「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で(毎日新聞)
「苦難の行軍」 北から届いた手紙100通 貧困…“拉致被害者”の子供たち(産経新聞)
木工工場から出火、作業所や民家など7棟焼く(読売新聞)

【衝撃事件の核心】本当の笑顔はいつ…眞鍋かをりにみる芸能界の「光と影」(産経新聞)

 華やかなスポットライトを浴びる一方、知らぬ間に“汚れ仕事”をさせられていた。そして、自宅の家宅捜索…。現在と以前の所属事務所に契約が存在しないことの確認を求める訴訟を東京地裁に起こしたタレントの眞鍋かをりさん(28)。訴状では、こうした事情を赤裸々に告白しており、図らずも芸能界の光と影を映し出している。そんな眞鍋さんだが、3月に入り、レギュラー出演していた朝のワイドショー番組で久しぶりに元気な姿をみせた。ファンは事務所のしがらみから抜け出した快活な笑顔を望んでいることだろう。(大泉晋之助)

■突然の自宅捜索 私物も押収されて…

 平成20年8月20日ごろ。仕事がオフだった眞鍋さんは、東京都内の自宅でくつろいでいた。それはタレントという“よろい”を脱いだ、素の眞鍋さんそのものだった。

 ところが、そうした時間もまもなく壊されることになる。突然、東京国税局の査察官が訪ねてきたのだ。その理由は、当時の所属事務所「アバンギャルド」(現・市エステートコーポレーション)の牧野昌哉社長(42)による法人税法違反(脱税)事件の関連先として、家宅捜索するためだった。

 訴状によると、事件と無関係の眞鍋さんも事情聴取を受け、私物も数点押収されたという。「東京国税局に事情聴取と家宅捜索を行われ屈辱的な思いをした」と訴えている。

 実はこれに先立つ同年2月ごろ、国税当局はすでにアバンギャルドと牧野社長に対し、強制調査(査察)に踏み切っていた。眞鍋さんの自宅はアバンギャルドが借り上げたものだったため、脱税事件の関連先とされたのだ。

 訴状によると、眞鍋さん本人は、自分の所属する事務所がそうしたトラブルの最中にあるとは伝えられていなかったという。

 牧野社長は21年8月、法人税法違反容疑で逮捕されるに至った。今月には東京地裁で懲役2年6月、執行猶予5年の有罪判決を受けた。判決では「タレントが関連事務所から移籍したように装い、架空の移籍料を計上するなどの手口で所得を隠した」と指摘されている。

 この事件が報道されるたびに、新聞や週刊誌、テレビなどで事務所の看板タレントの眞鍋さんの名前が出ることになった。

 「一連の報道に伴い、原告の名誉・社会的信用は著しく棄損された」。眞鍋さんの代理人は訴状にこう記している。

■“癒し系”の宝庫 ブログの女王としても人気

 アバンギャルドは元年、牧野社長らを中心に設立された。その後、藤崎奈々子さんや山川恵里佳さんら“癒し系”タレントを売り出し、芸能事務所としての地位を確立していった。そんな中で売り出されたタレントの1人が眞鍋さんだった。アバンギャルドはその後も、不思議なキャラクターで人気を博している小倉優子さんをデビューさせている。

 愛媛県出身の眞鍋さんは地元の県立高校から、横浜国立大学教育人間科学部に進学した。上京した眞鍋さんは入学前、食事をしていた飲食店を出たところでアバンギャルドにスカウトされ、そのまま11年、「現役国立大生アイドル」としてデビューした。

 その後、雑誌のグラビアやバラエティー番組などで活躍の場を広げていき、知名度をあげた。16年にはインターネットで自身のブログ「眞鍋かをりのココだけの話」を開設。アクセス数や、ファンによる書き込みの多さから「ブログの女王」などと呼ばれ、人気を博していった。

■選挙ポスター騒動 番組出演も見合わせ

 明るいキャラクターと国立大卒の才女として着実な活動を続けていたかにみえた眞鍋さんだったが、突然のトラブルに見舞われる。

 政権交代の可能性が高まり、世間では衆院選の話題で盛り上がっていた昨年7月、あるポスターが突然話題となった。

 静岡から立候補を表明していた候補者の選挙用ポスターで、この候補者の顔と眞鍋さんの顔が並んで掲載されていたのだ。

 「眞鍋さんは特定の候補者を支援しているのでは」

 芸能マスコミなど周囲からの追及があった。

 このときのポスター掲載は事務所主導で行われ、眞鍋さんは事情を知らなかったとされている。ただ、朝のワイドショー番組でコメンテーターとしてレギュラー出演していた眞鍋さんにとっては、特定候補への支援疑惑はばつが悪い。このため、朝のワイドショーを含めた複数の番組出演を見合わせるとともに、ネット上で謝罪しなければならなくなった。

 その後、眞鍋さんをテレビで見かける機会は徐々に減っていった。今年に入ってからはブログの更新が止まり、2月に行われたウエディングドレスの宣伝イベントへの出演は“ドタキャン”。同じ所属事務所のタレントが急遽(きゅうきょ)、代役を務めたこともあった。

■仕事内容知らされないまま現場へ “微妙”な中身とは…

 芸能活動が停滞し、事務所との微妙な関係が露呈することになった眞鍋さん。ただ、訴状の中で眞鍋さんは、仕事の内容を事前に伝えられることなく、現場で牧野社長やマネジャーから内容を伝えられ、その場でこなさざるを得なかったと指摘し、以前から眞鍋さんと事務所がぎくしゃくしていたことを訴えている。また、訴えによれば、ほかにも事務所主導で微妙な仕事をこなしてきたと指摘している。

 その“微妙”な仕事の中身とは…。

 18年ごろ、眞鍋さんは「コメント撮り」と称して、取材先を一切伝えられず現場に赴くことになった。眞鍋さんは台本通り仕事をこなしたが、後日ネットで配信されたこの取材は、実は違法の疑いもあるオンラインカジノについてのものだった。当時、イメージキャラクターを務め、CM出演していたJRA(日本中央競売会)から苦情を受けたという。

 さらに(1)結婚相談所の関連会社のイメージキャラクターと説明されたが、本当の内容は出会い系サイトの看板にされた(2)ダイエットサプリメントの広告で、自分も使用して絶大な効果が出たというコメントが知らない間に掲載された-などと指摘。一連の仕事が表に出るたびに、眞鍋さんの名誉が低下していったとしている。

■今の事務所も「実体は同じ」 週刊誌報道で知った移籍

 今回の訴訟で眞鍋さんは、脱税事件の舞台となったアバンギャルドのほかに現在の所属事務所に対しても契約が存在しないことの確認を求めている。それはなぜなのか。

 アバンギャルドや牧野社長が脱税容疑で国税当局から査察を受けた直後の20年3月、眞鍋さんや小倉さんらアバンギャルド所属タレントのすべてが、現在の所属先である「アヴィラ」に移籍すると発表された。

 ただこのアヴィラ、眞鍋さんの訴えによれば、牧野社長がダミー会社を通じて作ったもので、アバンギャルドと一体というのだ。

 「脱税事件で牧野社長が訴追されることが必至となっていたため、アバンギャルドでそれまでのマネジメントを続けることが不可能だったことから、表面上の移行措置を講じたに過ぎない」。眞鍋さんの代理人はこう主張している。

 代理人によれば、眞鍋さんは、マネジャーから「アバンギャルドの名前が変わる」程度の報告しか受けておらず、移籍については週刊誌などの報道で知ったという。また、アヴィラとは契約書も交わしていないとしている。このため訴訟の対象がアヴィラにまで広がっているのだ。

 訴訟ではアバンギャルド側は争う姿勢をみせており、今後の展開は不透明だ。

 復帰したワイドショーでは、笑顔を見せつつ普通に振る舞っていた眞鍋さん。だが、その心中はいかばかりだったのか。ファンが眞鍋さんの本当の笑顔を見ることができるまでにはまだ時間がかかりそうだ。

【関連記事】
眞鍋かをり、5カ月ぶり「とくダネ!」レギュラー復帰
小倉優子が訴訟中の先輩・眞鍋にエール
眞鍋かをり「家宅捜索受け屈辱的思い」 契約解除求め事務所を提訴 
眞鍋、イベントドタキャン…トラブル原因?
眞鍋かをりポスター問題で城内氏が謝罪 「無断使用していない」

大麻・覚せい剤など、276万人が経験か(読売新聞)
<トキ9羽襲撃死>犯人はテン、足跡から判明 環境省(毎日新聞)
糖尿病でアルツハイマー早期発症=悪循環で進行、仕組み解明-大阪大(時事通信)
高速道路をママチャリで走行=大阪〔地域〕(時事通信)
監視カメラ 高性能化進む 紙幣番号判別 人物抽出開発中(毎日新聞)

<国分寺死体遺棄>監禁容疑で男6人逮捕(毎日新聞)

 東京都国分寺市の路上で住所職業不詳の中川公太さん(22)が遺体で見つかった事件で、警視庁小金井署捜査本部は16日、中川さんを車に監禁したとして、立川市錦町2の高橋和範容疑者(28)ら21~28歳の男6人=いずれも職業不詳=を逮捕監禁容疑で逮捕したと発表した。6人は中学校の同級生や地元の遊び仲間で、容疑を認め「(中川さんが)気に入らなかった」と供述しているという。中川さんが死亡した経緯についても知っているとみて捜査している。

 逮捕容疑は、15日午前0時20分ごろ、立川市羽衣町1の路上で中川さんをバットで殴ってワンボックスカーに押し込んだうえ、両手を粘着テープで縛り、数時間にわたり車内に監禁したとしている。中川さんは都内や埼玉県内を連れ回されたとみられる。【神澤龍二、山本太一】

【関連ニュース】
栃木遺体遺棄:2被告を逮捕監禁致死で追起訴 鹿児島地検
愛知冷凍乳児:2児の母同じ DNA鑑定で可能性
愛知2児遺体:へその緒ついたまま 医療機関以外で出産か
愛知2児遺体:死後2日以内に冷凍?…別々に生まれた男女
死体遺棄:冷凍の乳児2遺体 愛知のスーパー

<佐賀大>ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」(毎日新聞)
<鳩山内閣>支持率続落43%…不支持が逆転 本社世論調査(毎日新聞)
<日米密約>再持ち込み容認「会談録案」 69年外務省作成(毎日新聞)
最愛の妻を手をかけた夫の苦悩 「老老介護」の悲劇(産経新聞)
<ラン>大量廃棄に疑問…温度差利用し再び開花 山梨の業者(毎日新聞)

昨秋の郵便局200万円強盗、42歳男を逮捕 京都(産経新聞)

 郵便局に押し入り現金約200万円を奪ったとして、京都府警捜査1課と西京署は9日、強盗の疑いで、京都市上京区北玄蕃町の飲食店経営、木部智之容疑者(42)を逮捕した。府警によると木部容疑者は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、昨年9月30日、京都市西京区の京都嵐山郵便局に押し入り、女性客に包丁を突きつけて「金を出せ」と脅し、現金約200万円を奪ったとしている。客2人と職員4人にけがはなかった。

 西京区では、今年1月にも約1.5キロ離れた京都松尾郵便局で現金約9万円が奪われる強盗事件があり、犯人の特徴が木部容疑者と似ていることなどから、府警では慎重に関連を調べている。

【関連記事】
信金強盗容疑で男を追送検 支店長らに包丁突きつけ80万円奪う
「借金に困ってやった」 強盗容疑で無職男を逮捕 福岡県警
女性客に水かけ「燃やすぞ」 郵便局強盗で男を再逮捕
「配り終わらなくて」郵便物をゴミ箱に捨てる 元アルバイト配達員を逮捕
「金を出せ」メモで脅す 東京・江戸川で郵便局強盗

アカデミー賞 「ザ・コーヴ」波紋 和歌山イルカ漁映画(毎日新聞)
学士院賞に11人=山中教授らは恩賜賞も(時事通信)
雑記帳 すき間からシクラメン、たくましく 千葉・茂原(毎日新聞)
<チリ大地震>津波注意報で避難10%…海岸から1キロ内(毎日新聞)
「カーリング」ブームやってきた 初心者向けスクール数カ月待ち(J-CASTニュース)

エステ経営者ら逮捕 無免許で「光脱毛」の疑い 神戸(産経新聞)

 医師免許のない従業員に光線による脱毛をさせていたとして、兵庫県警生活経済課などは8日、医師法違反(無免許医療)容疑で、神戸市西区南別府のエステ店「ジェイビー」経営、小阪徹容疑者(40)ら3人を逮捕した。

 他に逮捕されたのは、同市長田区花山町のエステ店「ビーワールド」元経営、増井一雄(41)と同県加古川市加古川町の同店マネジャー、藤田陽子(34)の両容疑者。小阪、増井両容疑者は認めているが、藤田容疑者は「そんなことはしていない」と否認しているという。

 逮捕容疑は、平成19年7月~21年8月、明石市や神戸市などのエステ店で、23~33歳の女性客6人に対し、医師免許を持たない従業員に光線を照射させたとしている。

 同課によると、小阪容疑者らは近畿や四国などで約10店舗を経営し、90人以上の利用客に軽いやけどなどの健康被害が出ているという。

最大波発表値の1.5倍 チリ大地震津波(河北新報)
<日本航空>再生へ決意 痛み受け止め「離陸」(毎日新聞)
最大波、発表値の1.5倍 チリ大地震津波(河北新報)
はしかワクチン、接種低迷=新型インフル余波か-09年患者激減、「排除」へ正念場(時事通信)
首相動静(3月7日)(時事通信)

事故男が線路に逃走 北大阪急行、5千人に影響(産経新聞)

 6日午後4時40分ごろ、大阪府吹田市桃山台の国道423号(新御堂筋)で、軽乗用車が前方の乗用車に追突。軽乗用車から男が降りて逃走し、道路横の塀(高さ約1.6メートル)を乗り越え、北大阪急行の軌道内に侵入した。

 桃山台駅の駅員らが線路近くでうずくまっている男を発見し、吹田署員が自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。同署によると、男は奈良県大和郡山市白土町の自称土木作業員、平田健治容疑者(42)。飲酒検知を拒否しているという。追突された車の女性は首に軽傷。

 この影響で北大阪急行と、相互乗り入れしている大阪市営地下鉄御堂筋線計38本が最大8分遅れ、約5千人に影響した。

【関連記事】
石原軍団・池田努、ホーム転落男性を救った
“撮り鉄”運行妨害の次は“寝鉄”ソファー独占のワケ
転落防止ドアで乗客の安全確保 山手線は全駅で設置へ
JR西特急に女性接触、1万人影響 大阪・大正駅
東海道新幹線、線路に不審者立ち入りで遅れ
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

ツイッター 国会議員のつぶやき「増殖」 大臣遅刻も中継(毎日新聞)
【from Editor】冷めた後の2人はどこへ(産経新聞)
<訃報>寺田博さん76歳=文芸評論家(毎日新聞)
首相動静(3月5日)(時事通信)
恐竜絶滅 1回の小惑星衝突が原因 直径10~15キロ(毎日新聞)

<三遊亭楽太郎さん>六代目円楽を襲名(毎日新聞)

 落語家の三遊亭楽太郎さん(60)が六代目三遊亭円楽を襲名し、2日に東京・帝国ホテルで披露会見とパーティーが行われた。

 六代目円楽さんは、昨年10月に76歳で死去した五代目円楽さんの弟子。テレビの人気番組「笑点」などで活躍してきたが、78年に師匠らと落語協会を脱退した経緯があり、常設の寄席には出られなかった。だが、今回は落語芸術協会の計らいで、東京・新宿の末広亭などでも襲名披露興行(21~30日)を行う。

 会見では「涙が流れました。一つは寄席に出られるうれし涙。寄席に来たお客様に楽しんでいただければ、落語界のためになると思う。もう一つは悔し涙。披露口上に師匠がいないこと」と涙をこらえながら語った。

 芸術協会会長の桂歌丸さん(73)は入院中だったが、一時退院して会見に出席。「急に肺炎になって、はいえんな騒ぎになりまして」と笑わせた後、「円楽さんには立派な大看板になっていただきたい」と期待を込めて語った。パーティーには病気療養中の立川談志さん(74)ら約750人が参加した。

 襲名披露興行は3日に高知県民会館でスタートし、全国約100カ所で行われる予定。【油井雅和】

【関連ニュース】
桂歌丸さん:横浜市内の病院に緊急入院 体調不良で
質問なるほドリ:落語家の団体はなぜいくつもあるの?=回答・油井雅和
桂歌丸さん:肺炎で緊急入院
訃報:三遊亭円楽さん76歳=落語家、「笑点」の元司会者
玉置宏さん死去:「大衆芸能振興に尽力」 追悼の声続々 /神奈川

神戸港に白骨化遺体=不明の40代会社員か-兵庫県警(時事通信)
いざ!宇宙へ なでしこ飛行士・山崎さん、フロリダに到着(産経新聞)
【同盟弱体化】第1部 美辞麗句の陰で(1)「もはや日本は極ではない」(産経新聞)
<米国務次官補>普天間協議「柔軟に」…現行計画ベスト不変(毎日新聞)
日本船に侵入したSS抗議船長の“正体” “ご法度”の肉もしっかりと食べて…(産経新聞)

行方不明 高等養護学校の女子生徒 先月28日から 長崎(毎日新聞)

 長崎県諫早市の県立希望が丘高等養護学校3年の種村侑里(ゆり)さん(18)=同県雲仙市小浜町=が先月28日から、下校途中の小浜バスターミナル(雲仙市)で目撃されたのを最後に行方不明になっていると、県警が5日発表した。事故や事件に巻き込まれた可能性もあるとみて、種村さんの写真を公開し、約40人態勢で捜索を続けている。

 県警などによると、種村さんは先月28日午後4時半ごろに下校。JRやバスなどを利用し、同7時25分ごろ、バスターミナルに到着した。乗車したバスの運転手が目撃したのを最後に行方不明となった。

 保護者が同日午後11時ごろ、県警諫早署に通報。翌3月1日午後1時半ごろには、バスターミナルから南西約400メートルの小浜港岸壁で、種村さんの黒の手提げかばんなど2個のバッグが見つかり、現金入りの財布や学用品などが入っていた。携帯電話は持っていなかった。岸壁近くの海中も捜索したが何も見つからなかった。

 同校によると、種村さんが行方不明となった28日は卒業式前日。式の予行演習、同窓会入会手続きなどがあったため登校していた。渡辺正校長は「早く見つかり、卒業証書を渡してあげたい。祈るような気持ちです」と話していた。

 種村さんは身長155センチの中肉、丸顔で、髪形はショートストレート。紺のブレザーと緑と黒のチェック柄のスカート姿で黒の革靴を履いていた。情報は雲仙署(0957・75・0110)。【下原知広、古賀亮至、蒲原明佳】

【関連ニュース】
伊達の知的障害者施設入所者不明:不明2年 太陽の園、情報提供呼びかけ /北海道
伊達・太陽の園:砂浜さん行方不明2年で情報提供呼びかけ

「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調-福島消費者相(時事通信)
NC独法化後の業務方法書案や償還計画案などを了承(医療介護CBニュース)
<鳩山首相>小沢氏と合意…政府と党、共同し政権公約策定(毎日新聞)
地形によって予測より高い波も 気象庁HPに津波情報(産経新聞)
<キャメロン監督>原爆テーマの次回作、揺れる…原作に誤り(毎日新聞)

【無名録】「怒る指導者は嫌い」(産経新聞)

 草野球の聖地、明治神宮外苑のバッティングセンター。「そうだ、そのポイント」「目が覚めてきたな、いいバッティングだ」。小学生が打っているゲージの後ろから一球ごとに声がかかる。打ち終わると、今度は解説。「調子が悪い? ON(王・長嶋)のような一流は調子に関係なく試合に出なければいけないんだ。一流になれ」。姿勢を正した親も一緒だ。荒川博さん(79)の言葉では背筋も伸びるはずだ。

 「世界の王」を育てた伝説の打撃コーチ。「グラウンドではまじめだったけど、それくらいではだめだ」。合気道も居合も取り入れ、二人三脚の猛練習。師弟とも若く、50年近くも前の話だ。

 「子供は素直で教えれば教えるだけ伸びるから楽しいね。好きなことをして感謝されて、気分爽快(そうかい)だよ」。10年以上前、知人から子供の指導を頼まれて、バッティングセンターでの「寺子屋」が始まった。週4日の夕方だけで、教え子は約15人。謝礼は「お任せ」だが、週2回は参加し、200発は打たないと指導はしない。「1000発打てっていってるけど、プロでも無理だけどね」。

 取材の日も小中学生6人の指導をしていたが、大半がスイッチヒッターで、素人目にも驚くほど、うまい。140キロの速球もほとんど打ち損じない。荒川さんの指導も巧みで、厳しい雰囲気だが、その一角だけが明るい。

 「少年野球で怒る指導者がいるけど、嫌いだね。下手をうまくするのがコーチの役目。おれのいうことを聞いて打てないなら、おれのせいだ」

 教え子一人一人の話を始めると止まらない。甲子園や東京六大学どころか、プロに入った選手もいる。間もなく開幕する春の選抜にも出場する。

 「そりゃ、成長は楽しみだよ。王を超えろ、メジャーに行けっていっているんだ。4~5年後にはそういう選手が出るかもしれないな。まだまだ、死ねねぇ」(将口泰浩)

【関連記事】
赤星元選手の野球チーム元選手、賠償請求を棄却 大阪地裁
日本ハム・中田が熱血指導「しばくように」
楽天・ブラウン監督、鬼キャンプを予告!
桑田さんの父の冥福祈る 少年野球の教え子ら弔問
野村克也VS三屋裕子(2)大切なのは考えること

介護疲れで無理心中か=80代夫婦、遺体で発見-新潟(時事通信)
津波注意報、すべて解除(産経新聞)
中学臨時教員を逮捕=書店で盗撮容疑-埼玉県警(時事通信)
鳩山首相「小沢氏と疎遠じゃないと示すこと大事」(産経新聞)
抗真菌剤でライセンス契約―アステラス製薬(医療介護CBニュース)

<厚労省>公共的空間での喫煙 「原則禁止」を通知(毎日新聞)

 厚生労働省は25日、受動喫煙の防止対策として、多くの人が利用する公共的な空間での原則全面禁煙を求める健康局長通知を出した。都道府県などを通じ、施設管理者に対策を促す。

 通知は健康増進法の規定の解釈の位置付けで、対象とする施設は▽学校▽官公庁▽百貨店▽飲食店▽娯楽施設▽公共交通機関--など。「受動喫煙防止は全面禁煙が原則」とし、実現が極めて困難な場合は、当面の間の措置として喫煙可能区域の設定などをしたうえで、将来的には全面禁煙を目指すよう求めている。

 厚労省は同法施行を受けた03年の通知で、全面禁煙と分煙の両方を対策として併記していたが、07年に世界保健機関(WHO)で「100%禁煙以外の措置では不完全」との指針がまとめられたことなどから、全面禁煙の方向性をより明確にした。【清水健二】

【関連ニュース】
厚労省:医師と歯科医師41人処分発表 免許取り消し3人
児童虐待:防止に文科省と厚労省が会議 欠席情報共有へ
郵便不正事件:厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判
受動喫煙防止:分煙では不十分 「全面禁煙」厚労省通知へ
受動喫煙防止:飲食店なども原則全面禁煙 厚労省通知へ

地形によって予測より高い波も 気象庁HPに津波情報(産経新聞)
FX投資詐欺で女に実刑=アライド元代表-大阪地裁(時事通信)
政府、医療チーム派遣へ チリ大地震(産経新聞)
外国人参政権、海外の実態は? 単純比較は不可能…日本固有の事情で議論を(産経新聞)
1月のPC出荷は4割増の84万台 「ウィンドウズ7」効果(産経新聞)

保守系文化人、メディアパトロールジャパン立ち上げ(産経新聞)

 作曲家のすぎやまこういち氏や評論家の西村幸祐氏ら保守系文化人5人が26日、都内で記者会見し、既存メディアの問題点を検証するインターネットのブログを中心としたポータルサイト「メディア・パトロール・ジャパン」(MPJ)を立ち上げると発表した。

 MPJは、新聞やテレビなどが追い切れなかった情報や、さまざまな事象について異なる見方について掘り下げて掲載しているブログをサイトに集め、情報を集積していく。それによってネットユーザーにニュースに対する新しい視点を提供するという。

 また、サイト内にコラムのコーナーも設ける。コラムニストにはすぎやま、西村両氏に加え、ジャーナリストの櫻井よしこ氏や評論家の石平氏、独立総合研究所社長の青山繁晴氏ら10人を予定している。

 編集長の西村氏は「いい情報を共有するには、ブログを集積することが必要だと考えた。既存メディアと同じ土俵に乗ることが重要で、どちらが物事を的確に、客観的に伝えているかをユーザーに判断してもらう」と語った。MPJのサイトは27日夜に開設する。アドレスはhttp://mp-j.jp

【関連記事】
どんな人物か「判ら内閣」とすぎやま氏 識者の鳩山内閣ネーミング
「ドラクエ人気」音で支える すぎやまこういち
白人中年男がしびれる草の根保守熟女の光
外国人参政権 自民は反対姿勢を明確に
国民新が新党日本と平沼グループに新党結成を打診

【日本の議論】殺人の時効廃止に賛否(産経新聞)
5月決着先送りも検討を=普天間移設「時間は二次的」-社民党首(時事通信)
知的障害女性の財産横領=7800万円、親類の女逮捕-奈良地検(時事通信)
囲碁 張が棋聖位獲得でグランドスラム(産経新聞)
「竹島の日」記念日制定は考えず 官房長官(産経新聞)

宮本茂

宮本 茂(みやもと しげる、1952年11月16日 - )は、日本の男性ゲームクリエイター、任天堂代表取締役、情報開発本部長。左利き。現在は情報開発本部長として、同社のコンピュータゲームソフト開発の中心的存在。愛称に「ミヤホン」「ミヤポン」。来歴京都府船井郡園部町(現在の南丹市園部町)出身。幼少時代は絵を描いたり、家の周りの自然を探検することが好きだった。その時代の洞窟や湖などにおける自然体験は、その後の宮本のゲーム制作に大きな影響を与えた。その事から宮本はクリエイターを志す若者に「ゲーム以外の経験がゲーム作りに役に立つ」と言葉を送っている。小学生の頃は人形劇団に入ることに憧れていた。中学生の頃、漫画家を目指し、学校で友達と一緒にマンガクラブを作り、漫画の懸賞応募にも応募し始める。高校生時代には、投稿作品が雑誌(小説ジュニアなど)に掲載されたこともあった。しかし、高校に入学してすぐに漫画家への道を諦め、大学の工学部を目指す。しばらくして再び漫画を描いていて、絵を描く方が楽しいと思い、工業デザインを志望することになった。1977年に金沢美術工芸大学を卒業。専攻は工業デザインだった。同年、小さい頃から玩具に興味を持っていたため、当時トランプを柱とし色々とやっていた玩具会社の任天堂に興味を持つ。デザイナー枠で任天堂は募集していなかったが、宮本の父は当時の任天堂社長山内溥と友人だったこともあり、面接の場を得て工業デザイナーとして入社する。しかし、入社したは良いが工業デザイナーとしての仕事が全く回ってこず、ポスターを描いたりゲームセンターの飾りつけを行ったりしていた。ゲーム筐体のデザインも担当しており、任天堂(レジャーシステム)がスペースインベーダーのコピーゲームである『スペースフィーバー』を作った際、ゲームデザイナーの上村雅之(後にファミコンを作る)が絵を描けなかったため、キャラデザインを担当した。宮本が何らかの形でゲームデザインに関わった、確認される最古のゲームである。入社3年目の1980年、転機が訪れる。当時開発部長で、ゲーム&ウオッチのハードウェア・ソフトウェア開発に追われていた横井軍平[1]が、「一緒に『ポパイ』を題材にしたゲームを作ろう」と、宮本茂を『ポパイ』の制作に誘う。その開発中に、任天堂のアメリカ法人、Nintendo of America, Inc.(NO

国交省、官製談合で元職員にも損害賠償請求(読売新聞)
行政刷新「まず内閣府から」=枝野担当相(時事通信)
<警部自殺>「パワハラが原因」遺族が提訴 横浜地裁(毎日新聞)
寺に来客、住職が出たら男が刃物 運営費70万円強奪 東京・高輪(産経新聞)
<映画製作配給会社>シネカノンが民事再生法の適用申請(毎日新聞)
プロフィール

Author:くりたこうぞうさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。